みにまむAIのテックブログ

みにまむAIのテックブログ

ブロックチェーンやスマートコントラクトの可能性について考えるブログ。最近では人口知能も視野に入ってきました

ひたすらエンジニアから熱い視線を浴びていた"Mango"

f:id:since1991:20161029002349p:plain

Alex Beregszaszi氏率いる ”Mango” は、GitHubにおける既存の問題をカバーし、それによって更なる利便性の向上と発展を目指しています。
 

Mangoとは?

1)IPFS/セマンティクスの定義
2)コントラクトのインターフェイスの定義(MangoRepoInterface.solを参照)
3)Gitのバックエンドの実装を提供
4)レポを作成するためのCLIを提供
 

GitHubの課題

今から半年前にGithubのサーバが落ち、その際、Githubの利用者に大きな被害を与えたことがありました。実はこれが初めてではなく、前々から不定期ではあるが度々サーバが落ちてしまうことが問題視されていました。
そこで、その問題を解決すべく立ち上がったのが、Alex Beregszaszi氏がリード開発を行っているMangoです。
 
Mangoはイーサリアムブロックチェーンを使用し、サーバー上で分散型のGithubを管理します。分散型ネットワークで管理することによりサーバダウンの被害を受けることがなくなります。
 
 
今後はユーザーフレンドリーなウェブのフロントエンドを作成予定です。
リリースは未定だそうですが、この日一番会場(エンジニア)が盛り上がりを見せたスピーチでした。
 
 
End.
 
用語解説
*インターフェース:コンピュータで異なる機器・装置のあいだを接続して、交信や制御を可能にする装置やソフトウェア
*IPFS:分散ファイルのインターネットシステムであり、現在のHTTPの過重負荷を減らすプロジェクト
*GitHub:コードを共有したり公開するためのサービス