みにまむAIのテックブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みにまむAIのテックブログ

ブロックチェーンやスマートコントラクトの可能性について考えるブログ。最近では人口知能も視野に入ってきました

スターウォーズシリーズ「ローグ・ワン」を事前知識なしで見てみたので感想からの評価

映画
 
こんにちわ。みにまむAIです。
 
1年はあっという間なものでクリスマスを過ぎもう年末ですね。マジ早い。
 
本日はスターウォーズ大好きな後輩くんに誘われてローグ・ワンを見に行ってきました。
ちなみに、スターウォーズシリーズは新しめの7しか知りません。(これも後輩くんと見に行った。)
ですが7を見てめっっちゃおもしれえなにこれ!!となったので今回のローグ・ワンのお誘いに快諾したのである。
 
すでに話題沸騰でローグ・ワンと検索すると公式ページよりも先にレビューブログがわんさか出てきていてちょっとおおーってなりました。
 

それではあらすじ

f:id:since1991:20161225172206j:plain

物語の舞台は『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の少し前。 銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。無法者たちによる反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジン・アーソは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう。 その運命のカギは、天才科学者であり、何年も行方不明になっている彼女の父に隠されていた・・・。
 
ローグ・ワンは、スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望の直前のお話で、レイア姫R2-D2に託した帝国軍の宇宙要塞“デス・スター”の設計図があるのですが、この“デス・スター”の設計図を反乱軍が帝国軍から盗み出すというお話です。スターウォーズシリーズの3と4の間のはなし、いわゆるアナザーストーリーとなっています。そしてキャラクターも今まで描かれてこなかった新しいキャラクターがわんさか登場します。
 

f:id:since1991:20161225172232j:plain

f:id:since1991:20161225172241j:plain

f:id:since1991:20161225172250j:plain

f:id:since1991:20161225172319j:plain

 
正直、反乱軍帝国軍は何が違うの?ジェダイもちょっと分からないくらいの知識レベルだったので、何が新しいキャラクターかわちょっと分からなかったです。
 
 

ローグ・ワンを見た感想 ※ネタバレして要るのでまだ観てない方は要注意

 
結論からいうと、、、
 
 
 
 
主要キャラクターはみな自分の大義のために戦い、信念を貫き、全員死にます。
 
 
”それぞれの死”が、悲願の「繋いだ希望」を色濃くしていました。
この壮大で非情な物語が本編ではなくアナザーストーリーとして語られているという点がさらに評価を高めている気がします。
 
ローグ・ワンは、事前知識が要る要らないとかジェダイいなくねつまんなくねとかそういうの以前に、1つの作品としてかなり洗練され完成された作品です。こんなに綺麗で、かつ胸が詰まるようなラストを迎えさせられることができた映画はそうそうないです絶対。
 
また、ご存知の方も多いとは思いますが、予告編で流れていた結末とは180度変わります。
でもわたし的には変更された後のラストの方が、戦争のリアルさや非情さを伝えることができいて、すごくよかったかと思います。
 
 
そしてなによりこっちの予告編の方が好き。
 
 
 
いやーしかし久しぶりに全てに感動した映画でした。
本当に文句なしの★5です。久々に何の戸惑いもなく★5。
みなさんも劇場で見て観てください!それでは。