みにまむAIのテックブログ

みにまむaiのぶろぐ

暗号通貨やブロックチェーンが気になり「よし。ブログ書こう。」となり開始したのですがまあ三日坊主なやつなのでどこまで続くか不明

ソースコード検索エンジン「Runnable」が逸材すぎる

プログラミングの勉強をしていると、「あれ。この機能ってどうやってコーディングするんだっけ?」と疑問がふつふつと湧き上がってくることが多々あります。その都度、検索して照らし合わせて〜とやっていると相当時間がかかりますし、間違っていた時の脱力感は半端ないですよね。もう少し効率的に探せないものかと、ネットサーフィンをしていたら見つけました。
 

ソースコード検索に特化した「Runnable」

f:id:since1991:20170206131021p:plain

 
 
Runnableは、あらゆる言語のソースコードを見つけ出してくれて、なおかつ、そのままWeb上でコードの実行・編集までできる無料Webサービスです。すごくないですか。
 
また、最近ではプログラミング学習に「GitHub」を使うケースが多いですが、Runnableにしかないおもしろい機能がいくつかあるので、続けて見ていきましょう。
 
 

Runnableの使い方

使い方は非常に簡単です。例えば、RailsでWebアプリを開発中に、「チャット機能を実装したい」と思った場合は、サイトのトップにある「検索ボックス」へ、そのまま「rails chat」と入力すればできちゃいます。
 

f:id:since1991:20170206131054j:plain

 
そうすると検索結果の一覧が表示されるので、項目をクリックします。
 

f:id:since1991:20170206131104j:plain

 
するとすると、Railsを使ったチャットアプリの「サンプルコード」が丸ごと閲覧できるようになります。
 

f:id:since1991:20170206131117j:plain

 
このままコードを読んでも良いのですが、左側にある「実行」ボタンをクリックしてみます。
 

f:id:since1991:20170206131125j:plain

 
そのままブラウザ上で、Webアプリのように試すことが出来るのです。逸材。
 

f:id:since1991:20170206131143j:plain

 
しかも、閲覧するだけでなく、自分で好きなようにコードを編集することも可能です。違うなと思ったら、ブラウザを更新すると元に戻ります。
 

f:id:since1991:20170206131152j:plain

このようにRunnableでは、誰かが作成してくれたサンプルコードを使って、新たに自分なりのコードに変換することが簡単に出来るようになっています。さらに、開発環境を用意する必要もないので、Web上でそのままコードをいじって実行できるのは、いろいろ試したい時にとても重宝します。
 
 

Runnableにしかないおもしろ機能

f:id:since1991:20170206131211j:plain

<多彩な言語やフレームワークをカバーする検索機能>
Runnableでは、非常にたくさんのプログラミング言語フレームワークをカバーしています。Node.js、C++Java、.NET、DartMySQLなど、様々な言語の実践テクニックが学べるようになっているので、プログラミングの勉強にもなっていいですよね。
 
現在、3000を超えるコードサンプルがあり、今もなお増え続けている状況です。また、自分のマイページを持つことも可能で、自分が作ったコードを公開することも出来るようになっています。
 
さらなるアップデートが楽しみです。
 
 
まとめ
知りたいコードを検索する時に、Googleを利用するとなかなか希望の情報が出てこなくて、思わぬ時間泥棒になることが多々あります。万人向けの検索サービスであるがゆえに、ノイズが多いのは仕方ないのですが、目的がハッキリしている場合はRunnableでコードを検索するとかなり時間短縮ができ、効率的にプログラミングができます。現在、類似サービスが少ないので、今後も重宝させていただきます。それでは。