みにまむAIのテックブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みにまむAIのテックブログ

ブロックチェーンやスマートコントラクトの可能性について考えるブログ。最近では人口知能も視野に入ってきました

クラス変更はどれほどスムーズに実行されるのか試してみた

みなさんこんにちわ。minimumAIです。
 
 
今回の記事テーマは『授業の変更はスムーズに実行されるか。』です。
 
 
フィリピン留学だけに限らず、どの国に留学するにしろ先生との相性や授業のレベルと自分のレベルがあっているかどうかは重要なことだと思います。
 
もし合わなかった場合、本当に短期留学ならわかりませんが、
ある程度期間がある場合、ずっと我慢するのは厳しいですよね。
勉強のモチベーションも下がってしまう可能性があります。
 
 
そんな時、QQ Englishではどのような対応がされているかをご紹介します。
 
 

授業変更のやり方

まず、授業を変えたい!と思い立ったらQQ カウンターに行きましょう。
 

f:id:since1991:20170413173805j:plain

 

ここには日本人インターンの人もいるので日本語対応も可能です。

 
ですが、せっかくフィリピン留学をしているので英語で行きましょう。
 
 
「I want to change my teacher」
 
 
で、全然通じます。
 
 
 
そうするとスタッフの人から「Class Change Application」がもらえます。
先生を変える場合でも授業を変える場合でもこの用紙に記入します。
 

f:id:since1991:20170502012402j:plain

 
 
ここに、下記を記入します。
 
  • 日付
  • 自分の名前
  • 先生の名前
  • クラスの時間
  • 週に何回その先生に教わっているのか
  • 変更したい理由
 
 
もちろん英語で記入です。
書き終わったら再度QQカウンターに提出して完了です。
 
 
 

変更手続きが可能な日

この授業の変更ですが、実はいつでもできるわけではありません。
以下の日時になります!
 
<受付日時>
時間毎週水曜日と木曜日
 
<受付時間>
午後13時か〜午後17時
 
 
この日を逃すとまた翌週の水曜日木曜日まで変更できませんので、
忘れないようにしてくださいね^^
 
 
・実際に変更される日
変更届けを出した週の翌週の月曜日から先生や授業が変更されます。
 
 
申請を出したのにも関わらず、変えてもらえなかった…
 
という留学生さんは未だ見たことがないので、
よほどの理由ではない限り、スムーズに先生を変えてくれるようです。
 
 
 

私の変更例

実際に私は2週目と1週目に合計3回、先生の変更をお願いしました。
 
理由としては、<先生の英語の発音が聞き取れないことが理由>です。
 
 
フィリピンの英語は綺麗なのですが、やはり中には少し訛りの強い先生もいます。
 
頑張って聞き取ろうとするのですが、
英語が流暢に話せるではないので聞き取るのに四苦八苦してしまいました...
 
スタッフの人に相談したところ、
そういう場合は先生を変更したほうがいいとアドバイスをもらったので、
申し訳ない気持ちを押しとどめて変更させていただきました。
 
私だけではなく結構みんな自由に変更をしているので、
今思えばそこまで深刻に悩む必要はなかったです。
 
 
 

結論

授業及び先生の変更はスムーズに行えました。